株式会社多田紙工の新着情報

 2019年度「合同入社式・新入社員研修」を実施【2019年4月24日】

■今年度もグループ会社「株式会社多田紙工」と「TAD三芳株式会社」には、総勢8名の先鋭なる新入社員が入社いたしました。
平成最後となる「合同入社式」の後は「新入社員研修」を実施。就業規則を学んだ後、社長の講義「安全講習」を受けました。様々な製本加工の機械に携わるので、安全面が第一となることを学びました。

       
平成最後の「合同入社式」の様子

■研修2日目「5Sの学習」「業務の学習」を受講。5Sの重要性と、弊社の品質管理の取り組みやサービスを作り出す手段等、顧客を主体とするスタンスを学びました。


「業務の学習」を真剣に受講する様子

■研修3日目には、海外からの留学生も合流し「社外研修」を実施。渋沢史料館付近の「紙の博物館」へ到着。紙の歴史や伝統、製造工程を学びました。凸版印刷設立の「印刷博物館」では、印刷技術が時代の流れと共に進化していく様子と、現代の印刷の仕組みを学びました。
印刷工房内では、版を組み、しおりも作成。貴重な活版印刷を体験できました。


「紙の博物館」入り口前での記念撮影


「印刷博物館」内、印刷工房にて記念撮影

■研修4日目は、「製本の仕組み」「メンタルヘルス講習」を受講。そして最終日は、「仕事のルール」「実技演習」とたいへん有意義な研修となりました。これからは社会人として、より一層のご活躍を期待しましょう!